全學的な社會地域連攜

生涯學習への取り組み

全學的な社會地域連攜

近年、教育機関にたいしては、生涯學習機會の創出や、高度専門職業人養成、グローバル人材の育成などにたいするニーズがますます高まっています。法政大學ではさまざまな機會を設けて、社會の期待に応えています。

大學院

大學院(特に文系)では、「學べる」「通える」環境を整え、多くの社會人學生を受け入れています。

専門職大學院(イノベーション?マネジメント研究科)

~ビジネス?イノベーションを起こす人材の育成~ あなたのキャリアは、ここから「再始動」する。

社會人入試【學部?大學院】

法政大學では社會人入試を実施している學部?大學院があります。該當學部?大學院や、詳細については以下からご確認ください。

科目等履修生【學部?大學院】

科目等履修生とは、本學の學生以外の者で一つまたは複數の授業科目を履修する者をいいます。

「自由と進歩」という校風のもと、「開かれた法政21」をヴィジョンとして掲げる法政大學では、生涯學習社會における社會人等の勉學の機會を広く確保するために、本學で開講している多數の授業科目のうちから、正規の學生の學修を妨げない限り、教授會の議を経て所定の単位數までの履修を可能にしています。

科目等履修が許可された授業科目については試験を受けることができ、合格すれば正規の修得単位として認定され、本人の申請により証明書も発行されます。

履修証明プログラム

履修証明プログラムとは、學校教育法第105條及び學校教育法施行規則第164條に基づき、大學が持つ知的資産を生かして、より積極的な社會貢獻を促進するために、社會人に主眼を向けた體系的な學習プログラム(総時間數60時間以上)を開設し、その修了者に対して、法に基づく履修証明書(certificate)を交付する制度です。

法政大學は3つのヴィジョンを掲げており、その中の「社會貢獻のヴィジョン」では「世界中の人々が、高度な市民教育を受けられる場となる」ことを目指しています。大學院、學部ともに社會人がアクセスしやすい履修環境を整え、自立した市民を育てる生涯教育の拠點となるべく、本プログラムを開設いたしました。

プログラム第1弾となる「健康とスポーツ」は、人生100 年といわれる時代をむかえ、國民全體における健康意識の高まり、東京2020大會をきっかけとしたスポーツへの興味関心に応えるために考えられたものです。 本學で、2005年に開設された體育會學生対象のスポーツ科學専門授業『SSI(スポーツ?サイエンス?インスティテュート)』において蓄積されたスポーツ科學、健康科學に関する知識?情報を社會へ還元していくことを目的としております。

1年間在籍の上、開講科目の中から、6科目60時間以上を履修し、合格した方に本學総長名の履修証明書を発行致します。

出願期間: 2021年3月11日~3月17日

受講を希望される方は出願期間內に「履歴書」及び「小論文」をご提出いただく必要がございます。詳細は募集要項をご覧ください。

「2021年度 履修証明プログラム「健康とスポーツ」受講申込書」

なお、2019年9月からは「SDGs Plus」、2020年9月からは「ヘルスケア?マネジメント講座」を開講し、現在3つの履修証明プログラムを設けています。

詳細はこちら
?SDGs Plus
? ヘルスケア?マネジメント講座(2020年度情報)

復學?復籍【學部?大學院】(以前、本學に在籍し、退學または除籍になった方が対象です)

以前、本學に在籍し、退學または學費未納により除籍になった方が再度本學での勉學を希望される場合は、教授會の議を経て許可することがあります(退學になった方:復學、除籍になった方:復籍と呼びます)。

通信教育部

法政大學通信教育部は、わが國の大學通信教育課程においては最も古い伝統を誇ります。今日まで半世紀以上にもおよぶその歴史の中で、通信制という教育システムの特性をいかんなく発揮し、多くの優れた人材を社會に輩出してきました。

社會人の學びのため、従來の通信學習に加え、夜間?休日を利用したスクーリング(面接授業)を実施しています。またインターネットを利用した「メディアスクーリング」の充実と教育環境の整備を通じて、真に學ぶ意欲と適性のある學生に対し通學課程と同一水準の教育を提供し、個々の學力向上を図ることはもちろん、広範な知的素養と思考力を身につけた社會に貢獻しうる人材の育成を教育の目標としています。

研究所等による公開講座

講演會?シンポジウムは、法政大學の教育?研究の成果を広く社會に紹介し、公開していくことを目指して開催しています。イベント情報ページにも隨時公開講座や講演會?シンポジウムの情報を掲載しています。

成人午夜福利视频免费网页