Graduate School of Sociology

市ケ谷キャンパス / 多摩キャンパス

お知らせ

新著一覧

社會學専攻

修士課程/博士後期課程

現代社會の諸課題に応える知的技法の修得

人間は一人で生きることができません。人間が集まると社會が生まれます。その人間と社會をめぐるさまざまな営みが、社會學という學問の対象です。
とは言え、人間も社會も常に変化しています。インターネットの普及、グローバル化が進み人々は國境を越えて移動、家族や夫婦の形も急速に変わりつつあります。

社會學専攻(修士課程)では、「社會學コース」と「メディアコース」の2コースにおいて、社會學、メディア論、國際社會論をはじめ、隣接する人文?社會諸科學の成果を學ぶことによって、現代社會の諸問題を系統的に認識?解明する高度な學術研究の遂行能力を有する人材の育成を目指します。

「社會學コース」では、院生が調査研究を行う中心的な土臺に社會學を捉え、その他の社會科學諸分野の知見も取り入れながら多様な社會問題に取り組む研究者を養成します。
「社會學コース」は、市ケ谷と多摩の2キャンパスで晝間授業を開講しています。

「メディアコース」では、メディア分野の専門職業人や研究者に求められるメディア理論と調査法、メディアの歴史と思想、そして調査報道やメディアテクノロジー等の実踐までを學ぶことができます。
「メディアコース」は土曜日や夜間にも市ケ谷キャンパスで授業を開講し、社會人も學びやすい環境を用意しています。

社會學専攻(博士後期課程)では、教學の理念は「人間論的関心を柱にした社會問題の社會學」で、修士課程と共通しますが、博士論文の執筆を前提に、理論的あるいは歴史的な背景に対する考察を深めることを目的とします。

社會學専攻の修了生は、大學など研究機関をはじめ、國內外の様々なメディア企業?國際機関?一般企業で活躍しています。

3つのポリシー

カリキュラム?マップ

カリキュラム?ツリー

研究指導計畫

學位論文審査基準

博士後期課程研究業績目録

成人午夜福利视频免费网页