Graduate School of Science and Engineering

小金井キャンパス

お知らせ

新著一覧

理工學研究科について

近年の先端技術分野の発展にみられるように、わが國の科學技術の進歩はめざましいものがあります。
かつて、わが國の科學技術の多くは歐米先進國から學んだ時期がありました。しかし、今日では歐米を含めて全世界の指導的役割を擔う技術分野が急速に拡大しつつあります。
このため、わが國の産業界からはもちろんのこと、國外からも獨創的能力をもつ高度な技術者?研究者の育成が強く望まれています。
このような社會の要請に応えるため、2013年4月より工學研究科を理工學研究科に改め、機械工學専攻、電気電子工學専攻、応用情報工學専攻、システム工學専攻、応用化學専攻、生命機能學専攻の6専攻體制に再編。それぞれに修士課程および博士後期課程を設置し學部學科と大學院研究科専攻の一貫性を再構築し、6年一貫の専門教育とこれに続く博士後期課程における研究者育成を行える體制を強化するとともに、他大學から、あるいは一旦社會人となった後にさらなる高度教育を希望する社會人から、さらには外國人留學生のからの進學希望者の受け入れ環境を整備しました。
これまでの工學研究科における方針を継承し、高度な知識と、不斷に最新の専門的技能を磨く、高い専門性と職業意識を身に付けた「自立型人材」の養成に重點を置いた教育と研究指導を行います。
なお、社會人および外國人留學生の受け入れに関しては、教育プログラムの整備とともに、特別入學制度を充実させ、積極的に受け入れていく方針です。

成人午夜福利视频免费网页