デジタルコンテンツ?コンテスト

2015年度第11回デジタルコンテンツ?コンテスト

デジタルコンテンツ?コンテスト

講評(総評)

2015年度第11回デジタルコンテンツコンテストの応募作品數は103點と、昨年過去2番目となった作品數を塗り替え歴代2番目の數字となった。10回目から新しくVine部門を設けた効果もあるが、今回は靜止畫の出品數が過去最高の50作品を超えたのが特徴である。
學部的には、例年通り、デザイン工學部、社會學部からの出品が多かったが、今年度もグランプリ該當作品はなく、5年連続でグランプリが出ていない。出品數の増加は嬉しいことだが、質的なレベルアップが課題である。
とりわけ、過去にグランプリを多く出している動畫部門が、そもそも出品數も減少し、作品水準も平均化しているのがやや気になるし、最近レベルアップしたインタラクティブ部門も出品數1點と不作だったのが殘念である。ともに制作に手間のかかる部門だけに、なかなか時間を割けない現狀もあるだろうが、奮起を期待したい。

デジタルコンテンツ?コンテスト審査委員會委員長
稲増 龍夫(社會學部)

デジタルコンテンツ?コンテスト審査委員會
  • 稲増 龍夫(社會學部教授?委員長)
  • 財津 理(経済學部)
  • 稲垣 立男(國際文化學部)
  • SAVCHENKO VLADIMIR(情報科學部)
  • 小門 裕幸(キャリアデザイン學部)
  • 安藤 直見(デザイン工學部)
  • 川上 忠重(理工學部)

グランプリ

氏名 研究科?學部 専攻?學科 學年 作品名
グランプリ 該當者なし

靜止畫

賞  氏名  研究科?學部  専攻?學科  學年  作品
優秀賞  田中 里紗  デザイン工學部  システムデザイン學科 
佳作  関根 駿介  社會學部  社會政策科學科 
佳作  木山 倫斉  情報科學部  ディジタルメディア學科 
佳作  潘 宇  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  申 晉銘  文學部  日本文學科 
入選  木山 倫斉  情報科學部  ディジタルメディア學科 
入選  河野 光佑  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  伊藤 大貴  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  栗原 達  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  浦井 彈 
守屋 健悟 
デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  守屋 健悟  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  村上 知佳  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  松澤 萌果  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  川口 和真  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入選  馬場 由峰  デザイン工學部  システムデザイン學科 

動畫

賞  氏名  研究科?學部  専攻?學科  學年  作品名 
優秀賞  三谷 紬  社會學部  メディア社會學科 
佳作  手嶋 みずき  キャリアデザイン學部  キャリアデザイン學科 
佳作  関根 駿介  社會學部  社會政策科學科 
佳作  長井 駿  社會學部  社會學科 
入選  平野 純樹  キャリアデザイン學部  キャリアデザイン學科 
入選   飯田 麻友 社會學部  メディア社會學科 
入選  飯田 麻友  社會學部  メディア社會學科 

インタラクティブ

賞       氏名  研究科?學部  専攻?學科  學年  作品名 
  該當なし 

Vine

この部門は昨年10周年記念企畫ということで特別に設けたが、今年度から正規の部門として加わった。高度な映像技術がなくても參加できることで、出品數増加に貢獻している。
ちなみにVineとは、スマホを使って制作する6秒間の映像で、最近では「マジックバイン」と呼ばれる、たとえばテレビ畫面から飛び出てくるなどの、あっと驚く映像が人気となって、ネット上での投稿數?閲覧數ともに急増している。
ネット上に撮影テクニックも多數紹介されており、それゆえ殘念ながら、安易に再現しただけの作品も見受けられた。そこで、「法政大學に関連する映像」というテーマに限定したのだが、まだ徹底されておらず、來年以降の課題である。(稲増)

賞     氏名 研究科?學部 専攻?學科 學年 作品名
入賞  東都 彩希  社會學部  社會政策科學科 
入賞  友貞 篤人  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  伊藤 大貴  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  城田 隆介  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  村上 知佳  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  金子 夕璃  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  田中 里紗  デザイン工學部  システムデザイン學科 
入賞  池田 貴一郎  デザイン工學部  システムデザイン學科 
  • 作品の複寫?複製を禁じます。
  • 作品はホームページで公開するにあたり、縮小?圧縮してある場合があります。
    オリジナル作品とは異なりますので、ご了承ください。
  • 作品によっては、特定のソフト等が必要な場合があります。
    動作環境等を參照してください。
  • 所屬?作品主旨?使用ソフト?制作環境?動作環境等の表記は、コンテスト応募時の記載のままです。
  • 2015年度デジタルコンテンツ?コンテスト募集要項(249KB)
成人午夜福利视频免费网页